よくある質問

よくお客様からいただく質問にお答えします。
1fkPUFkXlDxxwE-OzRXWTtH3jl172vuRxpRdhoyDWmk

Q 地毛で結ってるの?

A はい。日本髪のカツラを被るチンドン屋さんもいますが、私は地毛で、30分位かけて、自分で結っています。

大きなステージの時や「芸者さん風」なんて言われた時はカツラを被ることもあります。

Q 家族なの?

A 家族じゃないです。 昔は親子、夫婦でやっているチンドン屋さんがほとんどでしたが、今は少ないんです。

長屋で皆で暮らしたりもしてません。各々の家から出勤しております。

Q 今めずらしいから引っ張りだこなんじゃないの?

A 残念ながら。。。 みなさんがどこにいってもめずらしい。とおっしゃるということは、それだけ見かけない。ということ。 お仕事が沢山あれば、チンドン屋になる人も増えて、めずらしくなくなるはずです。

今、北海道から九州まで、日本全国でプロのチンドン屋さんは100人もいない位。みんな知り合いの狭い世界でございます。これをなんとか打破する為に、後輩もたくさん続いてくれるように!!「チンドン好井」を立ち上げた次第でございます。

Q どうやってチンドン屋さんになったの?

A たまたま、知り合いの知り合いがチンドンよしの親方でした。人手が足りない繁忙期に、「芝居やってるなら、声も出るだろうから、ビラ配りで手伝ってくれないか。」と言われたのがきっかけです。

正直言いますと、「チンドン屋さん」て何なのか知らなくて、大好きだった点取り占い(駄菓子屋さんで売っていたおみくじ)でしか見たことなかったです。

写真 (2)

初めて富山のチンドンコンクールに出た時は、今は他界されてしまった親方たちもいらっしゃって、「うわっ、こりゃすごいとこ来ちゃったな。バイト感覚でいれるとこじゃないぞ。」って、本業にしてしまいました。 親方たちには本当にお世話になり、多くのことを学び、生き様を魅させて頂きました。 人生は何があるかわからないものですね。

Q 何でチンドン屋さんやってるの?

A チンドン屋さんて、町の人にとっては、非日常。そして、お金を請求される訳でもないし、見てもいいし、見なくてもいし、ずっと聞いててもいいし、ヘッドフォンしててもいい。誰も責任を感じる必要のない存在なんだと思います。

だから、喜んでくれたり、邪険にしたり、どちらにしても、とてもオープンに接してくれるんです。

そしてそんな非日常なチンドン屋を通すから、年齢も仕事も関係なく、普段関わらない人たちが会話したり、接点をもったり、宣伝してるお店と繋がったりする。 そういうの、冥利につきる!って感じなんです。

良いことばっかりじゃないですよ。ひどい事言われることもある訳です。でも、その人も自分もあの人も、みんな同じなんだな。という感じ。これを味わえるのはチンドン屋の仕事以外にはなかったです。

もしも他にもあって、もっとお金になるなら、是非教えてくださーい。